MENU

後遺症などのリスクが心配!やっぱり脱毛しないほうがいい?

光やレーザーを照射して全身脱毛するとなると、最も心配になるのが皮膚がんのリスクなのではないでしょうか。
それは、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で皮膚に光を照射すると聞けば「がんを発症するのではないか?」と不安になってしまうからです。

 

 

しかし、光やレーザーが発がん性物質となって皮膚がんを発症させる原因になることはありません。
なぜなら、皮膚がんの原因になるのは皮膚細胞の核を破壊する性質を持った紫外線であり、赤外線に近い脱毛サロンの光や医療レーザー脱毛のレーザーには発がん性はないからです。

 

また、光やレーザーが内臓に悪影響を及ぼすこともありませんので、これらによる全身脱毛を受けてがんを発症する心配はありません。

 

 

全身脱毛に伴うリスクと対処法をご紹介!

光やレーザーによる全身脱毛にまったくリスクが伴わないわけではありません。

 

毛嚢炎(もうのうえん)

全身脱毛後、脱毛部位に白ニキビのようなポツポツとしたできものができることがあり、これを毛嚢炎と呼びます。
私たちのお肌はバリア機能によって保護されていますが、光やレーザーによる刺激を受けると、一時的にバリア機能が弱まり毛穴から細菌が侵入することがあります。
毛嚢炎は光脱毛よりもレーザー脱毛で起こりやすいと考えられており、場合によっては抗生剤の投与などが必要になることがあります。

 

全身脱毛後に毛嚢炎のようなできものができたら、自己判断で軟膏などを塗るのではなく、施術を受けた医療機関または皮膚科で診察を受け、治療で完治させておきましょう。

 

やけど

パワーが弱い光の照射でやけどを負う心配はまずありませんが、レーザーは光よりも強いパワーを持っているため、照射温度が高すぎると一時的に軽いやけどを負う可能性があります。

 

医療レーザー脱毛後には、お肌が熱を持ったり、ヒリヒリとした痛みが現れることがありますが、これらは1週間以内には落ち着くでしょう。
それ以上長引くようであれば治療が必要になることがありますので、施術を受けた医療機関に相談し、適切な処置を受けることをおすすめします。

 

また、施術中の痛みがあまりにも激しい場合では、医師や看護師がレーザーの温度を調節してくれるはずですので、遠慮なく申し出ましょう。

 

硬毛化・増毛化

全身脱毛後に硬いムダ毛が生えてくる現象を硬毛化、ムダ毛の量が増える現象を増毛化と呼びます。
このような現象が起こる詳しい原因については、残念ながら現在までに解明されていません。

 

ですが、光やレーザーの再照射を行うことで改善されることもありますので、硬毛化または増毛化が起こったと感じたのであれば、施術を受けた脱毛サロンや医療機関に相談してみましょう。

 

皮膚の痒み

全身脱毛を受けたあとに、施術部位に痒みが走ることがありますが、これは光やレーザーによって起こった乾燥肌が原因です。

 

全身脱毛後に痒みが出た場合には、お風呂で脱毛部位を擦り洗いしないように注意を払った上で、保湿化粧水でケアを行ってみましょう。
その際には、お肌への刺激が弱いとされるセラミドやヒアルロン酸を配合した化粧水がおすすめです。

 

発汗量が増える

脇脱毛後によく聞くのが、急に発汗量が増えたというトラブルです。
ですが、医療機関の説明によれば、脱毛後に発汗量が増えることはないということです。

 

ただし、脱毛中に汗腺が強い刺激を受けた場合は、一時的に発汗量が増えることもあるようですので、このような現象が起こったのであれば、医療レーザー脱毛を受けた医療機関、または皮膚科などに相談してみるとよいでしょう。

 

これらが全身脱毛に伴う可能性があるリスクで、人によっては全身脱毛の副作用として捉えることもあるでしょう。
ですが、全身脱毛を受けたすべての方にこのような症状が現れるわけではなく、いずれかの症状が現れたとしても後遺症が残る心配はありません。

 

それでもどうしても心配な方は、実際に施術を受ける前に、万が一何らかの症状が現れた際の保証(返金や再照射などについて)があるかどうかという点、どのような処置を受けることができるのかという点についてしっかり確認してから、全身脱毛に踏み切ることをおすすめします。

 

 

リスクが少ないのはこの脱毛方法です

光脱毛やレーザー脱毛には、多少なりとも上記でご紹介したリスクを伴う可能性はありますが、それらのリスクをは蓄熱式脱毛という脱毛方法であれば最小限に抑えることができます。

 

蓄熱式脱毛では、毛根部分ではなくムダ毛が生成される「バルジ領域」という部分に低い温度の光やレーザーを照射する方法です。

 

そのため、上記でご紹介したようなリスクの心配はほとんどなく、しかもきちんと全身脱毛を行うことができるというメリットがあります。

 

色素が薄い産毛や日焼け肌にも対応することができますので、日焼けで脱毛を断られたり産毛脱毛したいという方にもおすすめです。

 

脱毛サロンでは「SHR脱毛」、医療機関では「蓄熱式脱毛」と呼ばれていますので、これらによる全身脱毛をご希望の方は、取り扱いがある脱毛サロンや医療機関に問い合わせてみましょう。

 

 

全身脱毛を受けるならリスクについても知っておきましょう

全身脱毛のリスクは完全にゼロだとは言い切れません。

 

全身脱毛を行う際には、「体に悪い」とか「危険性がある」という言葉だけに惑わされるのではなく、どのようなリスクがあるのかを知り、納得した上で施術を受けましょう。

肌へのリスクを考えるのなら脱毛しない方がいい?関連ページ

全身脱毛の相場を把握していないと必ず損をする!安さの基準とは?
全身脱毛の相場を知らなければ料金比較もできませんね。脱毛は料金で決める人が大半ですが、通いやすいサロンの提示している金額は妥当なのか安いのか?しっかり判断できるように知識を付けておきましょう。
全身脱毛の月額を比較するのは提示価格だけ見ているだけじゃ簡単に騙される!
全身脱毛を月額を比較して脱毛サロンや医療脱毛クリニックを決めようと思っている場合、提示された価格だけを見て申し込んではいけません。損をするということです。何を見て決めるのか?今からお話ししていきます。
アラフォーにvio脱毛が人気!40代で始める介護脱毛のすすめ
全身脱毛を40代ではじめようと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
全身脱毛の多くのメリットと知っておくべきデメリット
全身脱毛には自己処理をしなくてよくなったり、人目を気にすることがなくなったりとたくさんのメリットがありますが、副作用がゼロというわけではありません。事前にしっかり知識を付けておきましょう。
全身脱毛は安い時期に申し込むと超お得!いつから始めるのが正解か?
全身脱毛は決して安くはありません。でも、一昔前に比べたら破格と言ってもいいでしょう。安い時期を狙えばさらにお得に申込むことだってできますよ。
医療レーザーで全身脱毛する値段じゃなくてコスパで選ぶ賢い女子が急増中!
脱毛サロンではなくクリニックの医療レーザーで全身脱毛している人が増えています。サロンより割高なのに選ばれるその理由は?口コミも合わせて紹介します。
単発で全身脱毛したいなら都度払いの脱毛サロンや医療脱毛クリニックがおすすめ
全身脱毛を都度払いで通いたい人におすすめな脱毛サロンや医療脱毛クリニックをご紹介します。
全身脱毛の乗り換えが人気の理由は回数や期間短縮だった
信じられない安さの医療レーザー脱毛が続々登場しています。月額制だって普通に取り入れています。メリットと脱毛効果が高いクリニックに脱毛サロンから乗り換える人が増えています。
脱毛サロンのキャンセルや遅刻にはペナルティがあるって本当?
脱毛サロンの予約をしたけど遅刻やキャンセルをしてしまった場合、どのようなペナルティがあるのでしょうか。詳しく解説します。
子どもと一緒に通えるor子連れNGでも託児所付きの脱毛サロンはあるのか
今は小学生でも脱毛している女子が増えています。ママと一緒に脱毛サロン通うのはレアケースではありません。でも、永久脱毛を子どもにさせても大丈夫なのでしょうか?
脱毛前と後で必要性が異なる?ボディークリームを使うポイントとは?
脱毛サロンに行く当日にボディークリームを塗っている人は注意が必要です。そのワケについて解説します。
フラッシュ脱毛の種類と違いとは?
フラッシュ脱毛の種類について説明をします。種類によって効果などが変わるのでしょうか。
全身脱毛をしている芸能人
全身脱毛をしている芸能人についてご紹介しています。
全身脱毛するならスレを読んでから!
全身脱毛を始める前にぜひ参考にしてみてください。